いい曲

トラック数は少ないけど想いはいっぱい

ボーカルのanによると人は曲に感動するのではなく
込められた想いに感動するのだとか。

沢山想いが詰まったいい曲でした。