Miniflex 2mic

ここ最近ライブやスタジオでのフィードバックがどうも酷くて
そろそろピックアップを入れたいなぁと思い色々と探していました。

が、ピックアップってマイク録りと比較すると本当音がカタくなっちゃうんですよね。
鉄弦のアコギ向けのものだとLRbaggsのLyricとかまあまあかな~と思えるものもあったりするのですが
ナイロン弦用となるともう絶望的。まあクラシックギターをバンドで使うってのもそんなに無いだろうし
そもそもの需要が無いからしょうがないのかもしれないが。

と諦めかけていた時に見つけたのがこちらのminiflex

model-1

ネットで聴いた音があまりに素晴らしかったので試奏できないか探してみたものの
日本の楽器店では全く取り扱いがない様子。

仕方ないのでポチりました。→ 馬鹿w

さてこのMiniflexですが、装着に際してギターのおしりにシールドを挿せるように
穴あけ加工をする必要があります。

大切なギターに穴をあけるということで
当然加工は信頼出来るリペアショップに依頼・・



なんてするはずもなく

ドリル

購入。

穴の大きさは12ミリ。いきなりこの大きさをあけるのはさすがに危険な気がしたので
半分の6ミリから2ミリずつ大きな刃に付け替える作戦で実行したところ
無事穴あけ完了。。
よく見るとちょっと右に寄ってるとかそんな小さいことを気にしてはいけない。

20130824_131817

穴さえあいたら後はつけてナット締めるだけなので簡単。

で肝心の音の方はさっと録ってみたところこんな感じ。



(EQはナシ、軽くリバーブとコンプを掛けてます)

演奏が酷いのはともかくとして、音色には概ね満足。

言うなら若干低域が強目な感じ。
あと軽く弾くとちょっとSNが悪いかな(PCと扇風機とのダブルファン攻撃のせいか?)
もう少しマイクのポジションを色々と試してみよう。

ライブで使うんだったら多分サウンドホールカバーを使ったほうが
低域も抑えられるし、フィードバックも起きにくいしでよさそうです。
あとやっぱプリアンプかEQかなんか入れて若干中低域の処理をしたほうが
良いかも。

何はともあれライブで使うのが楽しみです!

Leave a Reply

Your email address will not be published.