紫苑

Music by an/tato Lyrics by an
透き通る夜の空気
穏やかな帰り道
虫の音に耳を傾け
一人歩いている

窓ガラス映り込む
まんまるのお月様
見上げれば深い紺色に|
溶けこむ黄色

なんて美しい
世界なのでしょう
このまま溶けてしまいたい
くらいに

私のこころは
今もあなたのもと
まだ帰り道が
見つからないけど

今は待つとき
旅が終わる時を
それまでは静かに
涙を流しましょう