つくし畑

Music & Lyrics by tato

両手広げ大きく息を吸ってから
勢いよく駆け出した山

腰まで浸かるまだちょっと冷たいな
釣れないふてくされた川

一面覆うつくしに声をあげながら
いっぱい採ったよ 食べないけど

とおくに聞こえる虫の音子守歌に
ゆっくりおやすみ またあした

まぶたを閉じれば
まるで昨日のことのように

どこか懐かしい
香りをきっかけに

1時間に一本の単線列車
思いにふけり揺られては

まさかもういるわけないよなと
振り返るそこには一面のつくし